So-net無料ブログ作成
検索選択

水素水を選ぶなら業界最高の溶存水素濃度7ppmのaquelaアキュエラーの水素キット [水素水]








水素水を選ぶなら業界最高の溶存水素濃度7ppmのaquelaアキュエラーの水素キット

いま話題の活性酸素を中和する抗酸化物質として水素水が話題になっています。

抗酸化物質と言えばポリフェノールが有名ですが、水素によって活性酸素が還元され錆びた体を治してくれます。

そこで数ある水素水の中でどれがお勧めなのか調べてみました。

昔では水素水と言えば種類も少なく、限界飽和量である1.6ppmにほど遠いものが多かったようです。
しかし今では2.5ppmの水素溶存量を含むものも多くなってきました。

ただ水素は現存する物質の中では最小となるため、ペットボトルなどではすぐに空気中へと放出されています。
現在ではアルミパックを使って、水素が放出されるのを極力抑えるものが主流となってきました。

水素水で一番大切なことは、水素がどのくらい水分中に溶け込んでいるかが大切です。

現在市販されている水素水の中で、一番水素濃度が高い物はトラストネットワーク株式会社より発売されているaquelaアキュエラーです。

通常の水素水が水素濃度が高い物でも2.5ppmくらいなのに対して、アキュエラーは驚異の7.0ppmとなります。
これは耐圧ペットボトルで圧力を高めた水の中に水素を溶かしこむなど、6つの特許により水素濃度量7.0ppmを成し遂げたものです。

通常の水素水ですと、水素が溶け込んだ水をアルミパックなどに充填し販売されています。
充填された時からすでに水素が抜けだしていくので、1ヶ月分として30本を購入した場合には送られてきてすぐの物と、最後の方では水素の濃度が低くなっているわけです。

アキュエラーの場合は、水素発生剤を水に溶かすことにより水素が発生しますので、時間の経過とともに水素分子が空気中に逃げ出す心配がなくなります。

つまり欲しい時に水素濃度が高い水素水を作れるわけです。

日本医科大学では水素の効能に着目し、様々な効用効能を調べています。
リウマチの専門医である石橋博士が、この高濃度の水素水であるアキュエラーを使って臨床試験をしています。

もし水素水の購入を考えているのであれば、業界最高値の水素濃度を誇るaquelaアキュエラーがお勧めです。

単価も500mLあたり227円(スターターキットの場合)、定期購入で326円となります。














nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。