So-net無料ブログ作成

東小雪の実父が風呂場で! [生活]







東小雪の実父が風呂場で!

元宝塚ジェンヌのあうら真輝さん(現東小雪さん)が、レズビアン結婚式のお相手の増原裕子さんと6月30日19:00から放送されるTBSの『私の何がイケないの?』に出演されます。

東小雪さんの、自身の経験と苦悩をつづった『なかったことにしたくない 実父から性虐待を受けた私の告白』の本が楽天ブックスのノンフィクション部門で1位を獲得しています。

アマゾンでの書評はこちらから



この本の中に、幼い日に実父にお風呂場で奪われた自身の『生きる力』を取り戻すために、過去の忌まわしい記憶に立ち向かう必要があったと言っています。

過去の忌まわしい記憶を封印することにより、彼女自身がその事実を無かったこととして生きてきました。
しかしその精神的苦痛は、タカラジェンヌの退団とともに表面に吹き出し、リストカットや自殺未遂を繰り返し、境界性人格障害と診断され閉鎖病棟にも入院したそうです。

その東小雪さんを救ったのは、信頼できるカウンセラーと出会ったこと、そして過去の忌まわしい記憶を一つ一つ取戻し、それと正面から向き合うことにより『生きる力』を取り戻すことができたからです。

『なかったことにしたくない』は彼女自身の生きる力を取り戻すためでしたが、社会ではまだまだたくさんの家庭内での性的虐待が行われていること、また性的虐待の家庭内で起きる家族それぞれの捉え方対応について、無かったことにしてはいけないと訴えています。

実の娘に性的虐待をする夫に直面した母親は、自身の娘を性的対象とする夫の忌まわしさと、自身の異性としての魅力への疑問、世間体などに悩み葛藤し『なかったことにする』ことで自身の安定を求めてしまう人もいます。

東小雪さんにしてみれば、性的虐待をした父親はもちろん憎むべき相手ですが、自信への性的虐待を見逃してきた母親も共犯者です。
その苦しい人生を生き、悩み苦しみもがいてきた東小雪さんの赤裸々な体験に衝撃を受けました。

ぜひ今後の人生が東小雪さんに幸せなものとなることを願ってやみません。





お風呂のカビキラー [生活]







お風呂のカビキラー、皆さんもよく使われていると思います。

やはりカビで黒くなったところが。キレイに真っ白になる快感は何とも言えません。
掃除の中でもカビキラーでのカビとりは、目に見えて白くなり、しかもあまり手間がかからないので、達成感も味わえます。

ところで最近ネットの世界では、カビキラーはカビを殺菌しない!漂白で白くしているだけ!というのがかなりリツイートされています。

私も初めて見た時は、マジかよー、あれ高いのに。
あっ、高いというのは、気になるところにそこらじゅうカビキラーをかけまくると、あっという間に量が減ってしまうからです。

そこでふと気になり、本当にそうなのか?調べてみました。
だってこれから梅雨の季節、梅雨と言えばカビ、お風呂場の目地が真っ黒、という連想が働くじゃないですか。

カビキラーは塩素系カビ取り剤であり、主成分は次亜塩素酸塩。
次亜塩素酸イオンが殺菌効果を持つため、カビ細胞やカビの作る色素を殺菌、漂白します。

酸化力によって菌の活動が阻害されるため、カビを殺菌します。
カビの色が黒いのは胞子の色で、カビの細胞自体は透明。

と言うような説明が書いてあります。
つまり漂白だけではなく、殺菌もするということですね。

ああ良かった、これで梅雨時にも堂々とカビキラーが使えます。

ちなみにカビキラーの効果的な使い方と言うのも案内されていて、

1.カビキラー吹き付けたらしばらく置いておく
2.カビキラーを乾燥させない
3.やたらとこすらない

などの注意書きがありました。
カビキラーを吹き付けてすぐに洗い流すのではなく、カビの菌の隅々まで浸透させることが大切。
だから乾燥するようであれば、ティッシュやラップで多い乾燥させない。
こすった方が効果的に思われるけど、こするの逆効果。
ちなみに放置しておく時間ですが、サイトによっては3時間と書かれているところもありました。

これからのカビの季節、カビキラーでカビ退治を。
それと、塩素系なので『混ぜるな危険』と『ゴム手袋の使用』『換気を良くする』などの注意は必ず守りましょう。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。