So-net無料ブログ作成
検索選択

『なかったことにしたくない』東小雪の内容 ネタバレ注意! [書籍]







『なかったことにしたくない』東小雪の内容 ネタバレ注意!

6月30日夜7時のTBS『私の何がイケないの?』に出演された東小雪さんが、著書『なかったことにしたくない』を執筆されました。
楽天ブックスのノンフィクション部門で1位となり話題の本です。

アマゾンでの書評はこちらから


『なかったことにしたくない』は東小雪さんが、幼いころに実の父親からお風呂場で受けた性的虐待から立ち直るために、自分自身が自身に行った防衛本能で消し去ってしまった記憶と、そして実の母親さえも、なかったことにしようとしている現実に立ち向かい、心の傷を治していく過程が書かれています。

性的虐待による自身の精神的崩壊による、リストカットや自殺未遂、薬物依存、閉鎖病棟への入院など、壮絶な人生が淡々と綴られていきます。

その地獄から這い出せたのは、信頼できるカウンセリングの先生との出会いにより、自信の消し去ってしまった記憶を一つづつ掘り起し、それに面と向かって現実と受け止め、心の中で消化させていくという過去との苦しい戦いでした。

幼いころに父親から何回となく繰り返されたお風呂場での性的な接触、そして暴行という紛れもない事実。
気付かない振りを演じ続けた実の母親や祖母、そして大人になってからの母との確執。

さらに宝塚で行われた、虐待とも取れる伝統的な躾、そして先輩となった自身の虐待する側としての加害。
退団してからの過去からの見えない傷による、自身の精神的崩壊。

それらに立ち向かってきた過去が綴られていきます。
日本で初めて同性婚をディズにシーで行った彼女の、すさまじい赤裸々な告白がこれでもかと、読者の私に迫ってきます。

本の内容は決して気持ちの良い物とは言えず、時には怒りを、時には何もできないもどかしさによる焦燥感を、これでもかと私に植え付けていきます。

人によっては読めなくなってしまう本かもしれません。
またある人によっては自身と重ね合わせて、辛い感情を呼び覚ましてしまう本かもしれません。

でもこの本には、過去の実の父親である実父からの性虐待で受けた傷から、立ち直った真実の書でもあります。

人とは、家族とは、血のつながりとは、他人との関わりとはを考えさせてくれる本ともいえるでしょう。

アマゾンでは書籍の通販と合わせて、Kindleでも購入できます。
本自体を手に持たれるのが、辛い方もいらっしゃるかもしれません。
それは周りにいる家族だったり、知人・友人だったり、あるいは本という固形物に記された本の題名だったりするかもしれません。

もしこの本が本当に必要だと思われる方、それとなく人知れずに読みたいと思われるのであれば、アマゾンでのKindleのご利用をお勧めします。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。