So-net無料ブログ作成

自宅で自分でできる簡単人工授精は恥ずかしくない!!妊活ブームで今話題のシリンジ法【シリンジ法キット】 [妊活] [妊活]








自宅で簡単人工授精!!気軽にできる不妊治療【シリンジ法キット】

森三中の親方、大島美幸さんが無事妊活を果たし出産されたことは皆さんご存知だと思います。
まあその後名付けの件で、ちょっとネットを賑わしましたが、無事に妊活が成功したことはおめでたいことだと思います。

ところで大島さんは芸能人、サラリーマンだと妊活と言っても、仕事の関係で難しいのが実情ではないでしょうか。
まあ芸能人でも、テレビに出ていないと忘れられてしまうという不安もありますが、普通の会社では妊活に理解を示してくれるところは少ないのではないでしょうか。

私も以前不妊に悩んだことがあり、手術を受けてまでチャレンジしたことがあります。
上司には課長となりますが事前に相談をし治療に励んだのですが、直属の上司ではない主任から仕事が振られることがあり、簡単に事情を説明したのですが理解されることはありませんでした。

結局は仕事が原因で、不妊治療をあきらめたというのが事実です。

まあ男は仕事が優先というのが当たり前という風潮ですね。
不妊治療となれば、毎月の通院や検査などで仕事に迷惑をかけてしまうのは事実です。

今回のシリンジ法キットでは私の不妊には対応できないのですが、人工授精や体外受精などを考えられている方などには、もしかしたら役に立つかもしれません。

或いは、子供が欲しいけれどなかなか恵まれない方には、試してみる価値はあるかもしれません。
やはり不妊で医者に行くとなると、ちょっと敷居を高く感じたり、会社への説明がしづらいなど思い悩むことが出てきますから。

これわたし経験済みです。
特に会社になんて言ったらよいのか、かなり悩んだことは事実です。
病院での検査もちょっと屈辱的だったりすることもありますので。

このシリンジ法キットは約1万円で、20回の人工授精が試せます。
まあさすがに自分でやるので、病院で行うほどの効果があるかどうかは疑問ですが、何もしないよりはまし。

安いという経済的理由で言えば、このシリンジ法キットは1万円で20回ですので、1回当たり500円。
病院だとおよそ15000円、体外受精に至っては1回50万円と経済的にも負担があります。

あともう一つ、妊活で障害となるのが夫の協力が得られないことが多いのも事実です。
私の場合はそんなことはなく、子供になかなか恵まれなかったので、妻に産婦人科で相談してもらい、その後は一緒に受診をしました。

この夫の協力が得られないというのは、何となく私にも理由が分かります。
よく男の世界では、『種なし』と言ってちょっとバカにすることがあります。
これが結構気になるんですね。

病院に行くのを嫌がる夫だったら、このシリンジ法でチャレンジするのもいいかもしれません。
説得もしやすいのではないでしょうか。

私には結局子供を授かることができませんでしたが、妊活を考えている方に良い情報ではないかと思いました。


自宅でできる人工授精キットのシリンジ法の詳細は画像クリックで見れます。



子供は天からの授かりものとはよく言ったものですね、私も初めのころはすぐに子供ができると思っていました。
子供のいる家庭といない家庭では、やはり大きな違いがあると思います。
結婚して32年経ちますが、家庭というイメージは我が家にはない気がします。

どうぞ妊活をされている方、頑張ってくださいね。
でもあまり深刻になるのもやめましょうね。

子供は天からの授かりものと考えれば、授けられなかっただけの理由があるのかもしれません。
子供がいない分経済的には自由だし、自分の時間も多いと思います。
メリットでもありデメリットでもあるかもしれませんが。
今は夫婦二人仲良く暮らしています。











森三中の大島美幸さんが妊娠? 妊活が成功! [妊活]







森三中の大島美幸さんが妊娠? 妊活が成功!

2014年5月11日のイッテQでの放送を最後に妊活中だった大島美幸さんが、人工授精により懐妊したことを2月15日放送のイッテQで報告しました。

昨年5月には子宮筋腫の手術も受け、妊活へと頑張っていました。
08年の流産については話がありましたが、他にも10年に双子の赤ちゃんを流産されていたそうです。

今回の妊活には、処々様々な意見がありましたが、芸能人だからそんなのはわがままというのは、ちょっと寂しいですね。
暖かく見守っていても良いのではないでしょうか。

こうして新しい命を授かったことは、大島美幸さん夫妻の強い意志と、不妊治療などの様々な努力をされてきたのだと思います。
素直に喜び祝福したいと思います。

放送作家である夫の鈴木おさむさんは、新しい命を授かったことを喜びつつも、過去に2回の流産を経験し、しかも2回目の妊娠では双子だったこと。
そして2回の流産により3つの命をなくしてしまったことに深い悲しみと。また妻である大島美幸さんに同じ苦しみを再度与えてしまうのではないかという不安もあり、複雑な心境であることを自身のブログで報告しています。

妊娠6か月目という事で、大島美幸さんはすでに胎動も感じているそうです。

出産予定は6月との事、無事に元気な赤ちゃんが生まれてくるように祈りたいと思います。









この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。